メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北陸新幹線

金沢・敦賀の建設費2260億円増 

 2023年春に開業を予定する北陸新幹線金沢-敦賀の建設費に関し、国土交通省は現行計画より2260億円膨らむと試算している。総額は1兆4000億円を超える見込み。人件費の高騰や消費税率の引き上げなどが要因で、沿線の石川、福井両県と国は追加の財政負担を迫られる。

 国交省は12年6月に同区間の着工を認可した。現行計画の建設費は1兆1858億円。上振れの要因には、東日本大震災を受けて耐震性を強化した影響もある。近く北陸新幹線に関…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文534文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳で入場断られ…「取り返しがつかない」憤りの声
  2. 三越伊勢丹 3店閉鎖へ 新潟、相模原と府中
  3. 台風24号 沖縄は大しけ 30日ごろ西日本直撃恐れ 
  4. 県教委 バイク免許に新要項 高校生「3ない運動」廃止 /埼玉
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです