メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プラスチック危機

包装材、容器…削減へ日本企業も本腰

 米コーヒーチェーン大手スターバックスが世界でプラスチック製の使い捨てストローの廃止を決めるなど、環境対策からプラスチック削減の動きが広がっているのを受け、日本企業も紙製の包装材の開発や、容器の見直しに本腰を入れ始めた。

 日本製紙はスナック菓子や冷凍食品用の紙製包装材を展開している。微生物によって分解されやすいのが特徴。特殊なコーティングをすることで酸素や水蒸気の通過を防ぎ中身の劣化を抑える。食品メーカーに採用を働き掛けており、「…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文543文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  3. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  5. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです