メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 「名前と顔も売っています」と笑う。大阪・梅田の阪急百貨店前で、雑誌「ビッグイシュー日本版」を販売する羽根寿生(ひさお)さん(44)。人前で話すのも嫌だった以前とは決別。都会の人波に、「ビッグイシューです」と大声を張り上げる。

 昨春、警備員を辞めて実家を飛び出した。大阪なら、仕事にありつける。そう考えて昔のつてをたどろうとしたが甘かった。気がつけば所持金41円。歩き疲れ…

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文466文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  2. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  5. 兵庫県警 ホルマリン誤注入で医師ら書類送検 患者に傷害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです