メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙

浪江町長選/浪江町議補選 告示 再生かじ取り争点 町長選、新人同士一騎打ち /福島

 故馬場有(たもつ)氏の辞職に伴う浪江町長選が26日告示され、畜産農家の吉沢正巳氏(64)と元町議会議長の吉田数博氏(72)の無所属新人2人が届け出た。東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示が昨年春、一部地域で解除されて以降、町長選は初めて。9割以上の住民が避難生活を継続し、町域の8割が今も帰還困難区域となっている町の再生を巡り、10日間の舌戦を繰り広げる。【高橋隆輔、岸慶太】

 吉沢氏は町役場前で第一声を上げた後、町民約2100人が暮らす南相馬市内を中心に、復興公営住宅などを…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「4回転半は試合で飛ばないと意味ない」羽生結弦の一問一答(下)
  5. 「今、一番したいのは練習」羽生結弦の一問一答(上)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです