メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

災害ごみ、誰が処理? 市区町村に責任 大量なら広域連携も=回答・鈴木理之

災害ごみが次々と運び込まれる仮置き場=愛媛県大洲市で20日、中川祐一撮影

 なるほドリ 西日本豪雨(ごうう)では大量の災害ごみが出たね。どのくらいの量なの?

 記者 環境省によると被害の大きかった岡山、広島、愛媛3県では数百万トン規模にのぼる可能性があり、処理の見通しは立っていません。2011年の東日本大震災では13道県で津波堆積(たいせき)物を除いても計約2000万トンが発生し、処理に3年かかりました。計約300万トンだった16年の熊本地震でも2年を要しました。

この記事は有料記事です。

残り661文字(全文857文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  4. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  5. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです