メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 今年は、日本から南米ブラジルへの移住が1908年に始まってから110年。戦前・戦後を通じて約25万人が海を渡り、最大都市サンパウロを中心に推定190万人の世界最大の日系社会を築いた。世代交代が進んで日系3世、4世が中心となり、6世も生まれた。非日系人と結婚する日系人が増えるなどし、日系社会はブラジル社会との一体化が進む。日本語が話せる日系人も減少しつつある。【サンパウロ山本太一、写真はいずれもブラジル日本移民史料館提供】

この記事は有料記事です。

残り4174文字(全文4387文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像
  2. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  3. 一日警察署長 交通ルール守ってね AKB48・永野さん
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. あの人に会った 関西ジャニーズJr. 西畑大吾さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです