メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

ワールドカップと多様性の時代の知恵=経営共創基盤CEO・冨山和彦

 サッカー・ワールドカップはフランスの優勝で幕を閉じたが、決勝のクロアチア戦はこの数十年間の欧州史という観点からも感慨深かった。

 私がワールドカップを見始めたのは1974年の西ドイツ大会からで、決勝戦はトータルフットボールを掲げたクライフ率いる超攻撃的なオランダと、ベッケンバウアー率いる堅守速攻のドイツの対決。歴史に残る一戦だったが、両国の選手の人種的な同質性は高く、民族的にほぼ「オランダ人」と「ドイツ人」の対決だった。

 44年の時を経て、今回のフランス代表チームの人種的な多様性は目を見張るべきものがある。サッカーは1…

この記事は有料記事です。

残り442文字(全文704文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  3. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  4. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  5. 健康格差 糖尿病は「自己責任」なのか 麻生財務相発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです