メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

ワールドカップと多様性の時代の知恵=経営共創基盤CEO・冨山和彦

 サッカー・ワールドカップはフランスの優勝で幕を閉じたが、決勝のクロアチア戦はこの数十年間の欧州史という観点からも感慨深かった。

 私がワールドカップを見始めたのは1974年の西ドイツ大会からで、決勝戦はトータルフットボールを掲げたクライフ率いる超攻撃的なオランダと、ベッケンバウアー率いる堅守速攻のドイツの対決。歴史に残る一戦だったが、両国の選手の人種的な同質性は高く、民族的にほぼ「オランダ人」と「ドイツ人」の対決だった。

 44年の時を経て、今回のフランス代表チームの人種的な多様性は目を見張るべきものがある。サッカーは1…

この記事は有料記事です。

残り442文字(全文704文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自衛隊エピソードは空自幹部の息子 安倍首相明かす
  2. 白血病などの遺伝子治療製品、国内初承認へ
  3. 墜落 空自戦闘機、山口沖に 乗員2人救助 築城基地所属
  4. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」
  5. 防衛省 空自F2後継機は新規開発 既存改良はコスト高く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです