メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

稲田伸夫さん=第30代検事総長に就任した

稲田伸夫(いなだ・のぶお)さん(61)

 検察改革のきっかけとなった大阪地検特捜部の証拠改ざん事件(2010年)の発覚時、法務省官房長として国会対応で奔走した。西川克行前検事総長から刑事局長の職を引き継ぎ、国会答弁で検察不信の払拭(ふっしょく)に追われた。

 「当時はどうして改ざんなどしたのかと思ったが、検察の旧来型の捜査が時代に合わなくなっていたのかもしれない」と振り返り、今は改革の成果が着実に現場に浸透していると実感している。近年の検察独自捜査事件についても「供述だけに頼らず、客観証拠を積み上げる意識が徹底している」と自信を示…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  3. 堺市長、辞意固める 政治資金収支報告書に2億3000万円不記載
  4. 次期堺市長選に維新が候補擁立の意向 松井代表、竹山氏を批判「潔くなかった」
  5. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです