メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

稲田伸夫さん=第30代検事総長に就任した

稲田伸夫(いなだ・のぶお)さん(61)

 検察改革のきっかけとなった大阪地検特捜部の証拠改ざん事件(2010年)の発覚時、法務省官房長として国会対応で奔走した。西川克行前検事総長から刑事局長の職を引き継ぎ、国会答弁で検察不信の払拭(ふっしょく)に追われた。

 「当時はどうして改ざんなどしたのかと思ったが、検察の旧来型の捜査が時代に合わなくなっていたのかもしれない」と振り返り、今は改革の成果が着実に現場に浸透していると実感している。近年の検察独自捜査事件についても「供述だけに頼らず、客観証拠を積み上げる意識が徹底している」と自信を示…

この記事は有料記事です。

残り400文字(全文666文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  4. 自民党総裁選 安倍首相が連続3選 石破元幹事長破る
  5. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです