メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京都足立区のRelineでボランティアと一緒に学習する高校生ら=20日、NPO法人キッズドア提供

 夏休み真っただ中。キャンプや海水浴など日ごろできない経験をする子がいる一方、家庭の経済状況が厳しく行けない子もいる。厚生労働省の調査で子どもの7人に1人が貧困と言われる中、子どもを支える活動にはどんなものがあるのか。

 ●「相談の場」も担う

 東京都足立区の駅から徒歩数分のビルの一室。多くの学校で1学期の終業式があった20日午後4時すぎ、制服姿の高校生たちが「こんにちは」と明るい声であいさつしながら次々と集まってきた。

 NPO法人「キッズドア」(東京都中央区)が経済的に厳しい家庭の高校生を対象に開設している居場所型学…

この記事は有料記事です。

残り1939文字(全文2199文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ
  5. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです