メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワーケーション

仕事+休暇=家族で充実 企業で定着期待

海が見えるオフィスで仕事に打ち込む女性=和歌山県白浜町のNECソリューションイノベータ白浜センターで2018年7月24日午前10時半、今村茜撮影

 仕事(ワーク)と休暇(バケーション)を組み合わせた「ワーケーション」という新しい働き方が広がりつつある。和歌山県が首都圏在住の親子を対象にしたワーケーション体験プログラムを開催。娘2人を連れて参加した記者を含めて14組が集まった。ワーケーションはどう仕事をこなすかという難しさはあったものの、家族と一緒に過ごすための働き方になり得ると実感できた。【今村茜】

 プログラムは、2017年から和歌山をワーケーションの滞在先としてPRしている同県が23、24日の2…

この記事は有料記事です。

残り1272文字(全文1501文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです