メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外日産のゴーン会長を逮捕へ 金融商品取引法違反容疑
EU

「トランプ不信」なお 「通商と安保取引」非難

会談後、記者会見場に向かうトランプ米大統領(右)とユンケル欧州委員長=米ホワイトハウスで25日、AP

 【ブリュッセル八田浩輔】米国と欧州連合(EU)が25日の首脳会談で貿易摩擦の悪化回避で一致したことを受け、欧州側にはひとまず安堵(あんど)が広がった。しかし同盟国を公然とののしり、通商問題に安全保障問題を絡めて取引を迫るトランプ米大統領の手法に、欧州側の不信感は募るばかりだ。自国第一主義がもたらす亀裂は通商関係にとどまらず、米欧関係の基盤をむしばんでいる。

 トランプ氏は首脳会談を控え、EUは通商政策上、中国やロシアと並ぶ「敵」だと呼んで挑発。また欧州最大…

この記事は有料記事です。

残り465文字(全文695文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
  2. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
  3. 世界の雑記帳 ダーツ世界大会、試合敗北の選手が相手の「おなら」のせいと苦情
  4. 流行語候補 おさらい「ご飯論法」って? 「パンは食べたが黙っておく」すりかえ答弁を可視化
  5. さいたま 片山さつき氏の著書看板、条例違反 白塗り処置

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです