メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国務長官

露クリミア編入 「認めない」と宣言

 【ワシントン高本耕太】ポンペオ米国務長官は25日、声明を発表し、ロシアによるウクライナ南部クリミア半島の編入について「認めない」と改めて宣言した。16日の米露首脳会談でトランプ米大統領がロシア側に譲歩したとの臆測を否定し、対露強硬姿勢をアピールする狙いがあるとみられる。

     「クリミア宣言」と題した声明で、「いかなる国も他国の境界線を力によって変えてはならない」と強調。「ロシアは大国にふさわしくない自らの行動により国際社会からの孤立を選んだ」と批判し、占領の終結を要求した。

     トランプ氏は首脳会談で、米大統領選介入への関与を否定したプーチン露大統領に同調する発言をし国内で批判されているほか、ウクライナ問題でも何らかの譲歩をしたのではとの観測も消えず、議会からも不満の声が上がっていた。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. 高校野球 誤審で甲子園行き明暗…終了一転逆転 岡山大会
    3. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
    4. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    5. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです