メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島原発事故

燃料デブリ、初の接触調査へ 10月以降

 政府と東京電力は26日、福島第1原発事故で原子炉格納容器内に溶け落ちた核燃料(燃料デブリ)の取り出しに向け、10月以降に2号機内部に機器を投入し、デブリを初めて接触調査すると発表した。硬さなどを確認し、来年度には少量のデブリを試験採取する。

 デブリの本格的な取り出し開始予定は2021年中で、政府と東電は同原発で最も調査が進む2号機からの実施を検討している。

 今回の接触調査は、1月に内部撮影で用いたカメラ付きパイプを改良して実施する。先端に、挟んでつかめる…

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文460文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  3. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 衆院内閣委 片山さつき氏、看板の条例違反認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです