メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

広島・被爆遺構 「消えた暮らし」出土

72年ぶりに見つかったすずり(縦約12センチ、横約8センチ、厚さ約2センチ)を手にする今中圭介さん。裏には「初三(国民学校初等科三年の略)今中圭介」と彫られていた。「自宅2階に千枚通しがあってね。それで下手くそながら彫った覚えがあります。こんな形で再会できるなんて思いもよらなかった」とほほ笑んだ=広島市東区で2018年6月29日、山田尚弘撮影

 1945年8月6日に広島に投下された一発の原爆。広島市中区の平和記念公園がある旧中島地区(現中島町)には、当時約4400人が住み、寺院や民家、商店が建ち並んでいたが、完全に消滅した。

 そのがれきの上に土を盛って54年に記念公園が整備され、翌年には爆心地から460メートル地点に、原爆資料館が完成した。広島市が資料館本館の耐震工事に伴って2015~17年に発掘したところ、約2200平方メートル、地下70センチから多数の日用品が見つかった。同市文化…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文562文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水樹奈々 小学生役に「私、本当に大丈夫」? 小林星蘭の「同級生」発言に大喜び
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 週刊テレビ評 綾瀬はるか主演「義母と娘のブルース」 原作を超えた独自の世界観=碓井広義
  4. 拾得物詐取 大阪の巡査ら個人情報なし狙い
  5. あおなみ線 空港まで 名古屋市、検討対策室設置へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです