メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

財務省

次官「本命」岡本氏 文書改ざん「身内の論理」優先

首相官邸での会合に向かう財務省の岡本薫明事務次官=2018年7月27日午前11時56分、川田雅浩撮影

 麻生太郎財務相は27日、幹部人事を発表した。学校法人「森友学園」への国有地売却に関する決裁文書改ざん問題や、福田淳一前事務次官のセクハラ問題などで信頼が地に落ちた財務省。しかし、文書改ざん問題で処分を受けた岡本薫明(しげあき)前主計局長を次官に起用するなど、新体制は「身内の論理」に沿った布陣で、信頼回復を図れるかは見通せない。(5面に「棚上げの問題群」)

 「これまで組織の中核を担ってきており、ふさわしい人間。今後の財務省の利益を考えた時、補って余りある…

この記事は有料記事です。

残り1164文字(全文1393文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  4. プロ野球 ドラフト情報 吉田「野球が仕事に」
  5. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです