メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

財務省

次官「本命」岡本氏 文書改ざん「身内の論理」優先 増田寛也・元総務相の話

危機感感じない

 決裁文書改ざん問題の発覚以前から本命視されていた岡本薫明氏が次官に昇格するなど財務省の内輪の論理を優先させた予定調和の人事だ。岡本氏は文書改ざん問題で処分を受けており、国民の不信感に対する危機感が感じられない。新たな体制で、満足のいく改革を実行できるかは疑問だ。

 本来は文書改ざん問題と全く関係の無い人…

この記事は有料記事です。

残り221文字(全文380文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳で入場断られ…「取り返しがつかない」憤りの声
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 三越伊勢丹 3店閉鎖へ 新潟、相模原と府中
  4. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者
  5. 熱血!与良政談 首相の「不都合な真実」=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです