メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第7部 あいおいニッセイ同和損保/9 真実に迫る熟練調査員

70代のベテラン調査員、川口久寿(手前)と長沢成吉=東京都内で2018年6月17日、小川祐希撮影

 自動車事故の原因を調べ、損害額を査定するプロが「調査員」。自らの技術と最新機器を駆使し、事故の姿に迫る調査員は、損保に欠かせない存在だ。

 あいおいニッセイ同和損害保険の子会社、あいおいニッセイ同和損害調査(損調社)で20年以上、調査員を務める渡辺泰史(57)。4月24日、愛知県内の自動車スクラップ工場を訪れた。昨年3月、同県内で多重追突事故にあった保険契約者の男性の車を調べるためだった。

 事故に絡んだ6台のうち、前から4台目を運転していた男性は「後続車から追突された弾みで、前の車に追突…

この記事は有料記事です。

残り879文字(全文1125文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鉄道 台風予測 広がる「計画運休」 リスクを回避
  2. 県教委 バイク免許に新要項 高校生「3ない運動」廃止 /埼玉
  3. 三越伊勢丹 2店閉鎖へ 相模原と府中、来年9月末めどに
  4. 事故 声優の平野綾さんが追突 けがなし 東京
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです