メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

イージス・アショア、どんな装備? 陸からミサイル迎撃 北朝鮮を警戒=回答・前谷宏

米ハワイ州カウアイ島にあるイージス・アショアの試験施設=秋山信一撮影

 なるほドリ 政府が導入しようとしている「イージス・アショア」って、どんな装備?

 記者 イージス艦に搭載(とうさい)されている迎撃(げいげき)ミサイルシステムを陸上配備型にしたものです。日本に向かって発射された弾道(だんどう)ミサイルを高性能のレーダーで捉え、SM3という迎撃ミサイルにより大気圏外で撃ち落とす能力があります。イージス艦のように移動できませんが、補給や整備で港に帰る必要はないので、常時警戒が可能です。政府は昨年12月、北朝鮮の核・ミサイル開発の脅威(きょうい)などを理由に導入を決め、秋田市と山口県萩市にある陸上自衛隊の演習場を配備候補地に選びました。2023年度の配備を目指しています。

 Q 北朝鮮は最近、ミサイルを撃っていないよね。まだ必要なのかな。

この記事は有料記事です。

残り512文字(全文848文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  5. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです