メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

民泊は時代に合うか

大植敏生・日本民泊協会代表理事

 個人の自宅やマンションを宿泊者に有料で提供する民泊。2020年の東京五輪を視野に、急増する訪日外国人旅行者に対応するため、新ルールを定めた「住宅宿泊事業法(民泊新法)」が6月に施行された。しかし、規制の縛りがあるため営業数はまだ限られる。既存業界には安全面を危惧する声も。民泊は時代の要請に応えられるのだろうか。

この記事は有料記事です。

残り2757文字(全文2914文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  3. 台湾 駐大阪代表が自殺 台風被害の関空対応で批判相次ぐ
  4. 県警不祥事 止まらない 警官、押収AV大量盗む 容疑で書類送検 別に盗撮疑いも /大分
  5. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです