メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

貿易激震

米車関税、日本苦慮 経産相、トランプ支持州行脚

 日本がトランプ米政権が検討する自動車の輸入制限への対応に苦慮している。米国は関税交渉開始で合意した欧州には輸入制限を当面、発動しないことを約束したが、日本への対応は不明。日米は8月上旬にも新たな貿易協議(FFR)を始めるが、米側が日本車の輸入制限をちらつかせて2国間の自由貿易協定(FTA)交渉を迫る懸念がある。世耕弘成経済産業相は近く訪米し、日系自動車メーカーの現地拠点の州で発動回避を訴える構えだ。【和田憲二】

 「日本企業による投資や雇用を通じた地元経済への貢献について関係者の理解を得たい」。世耕氏は27日の…

この記事は有料記事です。

残り784文字(全文1042文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ
  5. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです