メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自動車世界販売台数

日産連合首位 553万台、VWかわす 上半期

 日産自動車とフランス大手ルノー、三菱自動車の連合による2018年上半期(1~6月)の世界販売台数が27日出そろい、合計で前年同期比5・1%増の553万8532台と2年連続で首位を守った。2位のドイツのフォルクスワーゲン(VW)の猛追をかわしたが、グループの中核である日産が台数を落とした。燃費測定試験の不正なども重なり、先行きの不透明感が増している。3位はトヨタ自動車だった。自動車業界は次世代の電気自動車や自動運転車の開発もにらみ、販売競争は混戦模様だ。

 日産は主力の米国市場で苦戦し、全体で1・4%減の285万4187台。新車の無資格検査問題や燃費測定…

この記事は有料記事です。

残り376文字(全文655文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)
  5. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです