メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風12号

列島を西に横断か 被災地で2次災害の恐れ 

台風12号に備え土のうを積む男性=広島市安芸区で2018年7月28日午前9時半、西本勝撮影

 強い台風12号は28日、日本の南海上を北上した。今後西寄りに進路を変えて関東に接近し、28日夜から29日未明にかけて、東海地方に上陸するとみられる。夏場は東へ進む台風が、日本列島を横断するように西に進むのは極めて異例。西日本豪雨や大阪北部地震の被災地では、大雨や暴風によって2次災害が発生する恐れがあり、気象庁は早めの避難を呼びかけている。

 気象庁によると、28日正午現在、台風12号は八丈島の東約200キロを時速約45キロで北西に進んでい…

この記事は有料記事です。

残り1118文字(全文1339文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  4. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ
  5. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです