メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

相馬野馬追

開幕 福島・浪江町で原発事故後初の出陣式

留学中の英国から一時帰国して浪江町の野馬追に参加し、馬上で笑顔を見せる山本幸輝さん(中央)=福島県浪江町で2018年7月28日午前8時42分、喜屋武真之介撮影

 福島県相馬地方の夏祭り「相馬野馬追(のまおい)」が28日、開幕した。東京電力福島第1原発事故で全町避難し、昨年3月に町中心部などの避難指示が解除された同県浪江町では、事故後初めて騎馬武者の出陣式が行われた。同町出身の大学生、山本幸輝さん(20)は留学先の英国から一時帰国し、父幸一郎さん(50)、祖父幸男さん(75)とともに出陣。「将来、自分の子どもにも経験させられるよう野馬追を続けたい」と決意を新たにした。

 山本さんは小学5年の時から参加し、合図のほら貝を吹く「螺(かい)役」などを務めた。震災後も隣接する…

この記事は有料記事です。

残り547文字(全文803文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今日から俺は!! “敵役”に城田優、中村倫也、須賀健太ら メインゲスト11人を一挙発表 
  2. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです