メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皆既月食

最接近中の火星と「赤い天体ショー」

皆既月食で赤みを帯びた月と火星(左下)=福岡県久山町で2018年7月28日午前4時27分、田鍋公也撮影

 28日未明から早朝にかけ、月が地球の影の中にすっぽりと入る「皆既月食」が中国地方や九州地方の一部などで見られた。赤黒い「赤銅(しゃくどう)色」に染まった月のそばで、地球に最接近中の火星も赤く輝き、珍しい天体ショーとなった。

 月は午前3時24分に欠け始め、午前4時半に皆既食となった後、しばらくして地…

この記事は有料記事です。

残り183文字(全文333文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  2. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か
  3. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  4. はしか発症16人に 「あべのハルカス」買い物客も
  5. ORICON NEWS ウーマン村本、浪江町「なくなる」発言を謝罪 「大反省しないと」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです