メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

欧州ニュースアラカルト

ゲノム編集は「遺伝子組み換え」 想定外の判決が広げる波紋

欧州委員会の建物前で、遺伝子組み換え作物の利用に反対する環境保護団体「グリーンピース」のメンバー=ベルギー・ブリュッセルで2005年12月2日、AP

 生物の細胞の中にある遺伝子を自在に書き換えることを可能にした「ゲノム編集」は、未来を変えうる革命的な技術だ。この新しい手法で開発した作物について、欧州連合(EU)の欧州司法裁判所は今月25日、原則として従来の遺伝子組み換え作物(GMO)の規制の対象とすべきだとの判断を示した。世界でも厳しいEUのGMO規制から除外されることを望んでいた研究者やバイオ業界の間では、欧州が植物の品種改良の最前線から後退しかねないと落胆が広がっている。

八田浩輔

ブリュッセル支局 2004年入社。京都支局、科学環境部、外信部などを経て16年春から現職。欧州連合(EU)を中心に欧州の政治や安全保障を担当している。エネルギー問題、生命科学と社会の関係も取材テーマで、これまでに科学ジャーナリスト賞、日本医学ジャーナリスト協会賞を受賞(ともに13年)。共著に「偽りの薬」(毎日新聞社)。Twitter:@kskhatta

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三重県内で新たに4人のはしか感染を確認 宗教団体、HPで謝罪
  2. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  3. 松本人志さん「お得意のからだを使って」発言 批判に開き直る? 局の姿勢に疑問の声
  4. インフルエンザで小学生男児死亡 長野
  5. ゾゾへの出品中止相次ぐ アパレル大手、値引きに反発

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです