メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RBCカナディアン・オープン

[速報]ツエーが通算13アンダー単独首位に浮上(PGA Tour)

情報提供:PGA Tour

RBCカナディアン・オープン 2日目

PGAツアー第40戦 RBCカナディアン・オープン/カナダ グレン・アビーGC

 オークビル(カナダ)で開催されているRBCカナディアン・オープン。日本人選手は出場していない。ケビン・ツエー(米国)が通算13アンダーまでスコアを伸ばし、単独首位に浮上した。

MORE:RBCカナディアン・オープンの最新スコアはここをクリック!

 ツエーは6アンダー4位タイで第2ラウンドを迎え、1番ホールからスタート。1番パー4でバーディを先行させると、3番パー4と4番パー3で連続バーディを奪った。6番パー4でもバーディを加え、前半を4アンダーで折り返した。

 後半に入ると、10番パー4、14番パー4、16番パー5でバーディを積み上げた。17番パー4で唯一のボギーを叩いたが、18番パー5でバーディを取り返した。

 結局、この日のスコアは8バーディ、1ボギーの7アンダー65(パー72)。通算13アンダーまでスコアを伸ばし、後続に1打差の単独首位に立った。

ダスティン・ジョンソンが首位と3打差の通算10アンダー6位タイに浮上した Photo by Minas Panagiotakis/Getty Images

 首位と1打差の通算12アンダー2位タイに、キム・ミンフィ(韓国)とキーガン・ブラッドリー(米国)の2人が並んだ。キムは7アンダー65、ブラッドリーは9アンダー63でプレーしてスコアを伸ばした。

 首位と2打差の通算11アンダー4位タイに、アン・ビョンフン(韓国)とジョンソン・ワグナー(米国)の2人が続いている。

 初日終了時点で9アンダー暫定首位だったロバート・ガリガス(米国)は、第2ラウンドはイーブンパー72にとどまり、通算9アンダー10位タイに後退した。

 前年覇者のジョナサン・ベガス(ベネズエラ)は、第1ラウンドの残り2ホールを消化して3アンダー69でホールアウトした後、第2ラウンドを2アンダー70でプレー。通算5アンダー44位タイで決勝ラウンドに進出した。

 出場選手の中で世界ランキング最上位(1位)のダスティン・ジョンソン(米国)は、4アンダー24位タイで第2ラウンドを迎え、6アンダー66でプレー。通算10アンダー6位タイに浮上した。


情報提供:PGA Tour

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 安倍3選・その先 /下 「後継」はや駆け引き
  4. 欅坂46 ナチス制服似衣装、秋元康氏ら謝罪
  5. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです