メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

【お知らせ】現在システム障害のため一部の機能・サービスがご利用になれません
RBCカナディアン・オープン

ブラッドリーが2位タイ「すごい追い上げだったよ。特別な1日になった」(PGA Tour)

情報提供:PGA Tour

RBCカナディアン・オープン 2日目

PGAツアー第40戦 RBCカナディアン・オープン/カナダ グレン・アビーGC

ツアー3勝の32歳が首位と1打差に浮上

 キーガン・ブラッドリーは2日目、最後の4ホールを2イーグル、2バーディの6アンダーでプレーし、首位と1打差の通算12アンダー2位タイに浮上した。

MORE:RBCカナディアン・オープンの最新スコアはここをクリック!

 首位のケビン・ツエーと同組で回ったブラッドリーは、15番パー3でバーディ、16番パー5でイーグル、17番パー4でバーディ、18番パー5でイーグルを奪い、9アンダー63でホールアウトした。ブラッドリーは2番パー5でもイーグルを奪っている。

「すごい追い上げだったよ。普通のラウンドだと思っていたけど、特別な1日になった。こんなコースは、ほかにたくさんあるわけじゃない。素晴らしい大会だよ」(ブラッドリー)

 ブラッドリーは、15番パー3で3メートルのバーディパット、16番パー5で6メートルのイーグルパット、17番パー4で8メートルのバーディパットをそれぞれ決めた。

 18番パー5では、ピンまで159ヤードの地点からの第2打をグリーンに乗せた後、6メートルのイーグルパットを沈めた。

「いいドライバーショットを打っても、(フェアウェイは)とても狭いので、ミッドアイアンを打つことになる。ここのパー5は非常にタイトなんだ。今日はウェッジで完璧なアプローチができ、ピンそば6メートル以内のグリーンに乗せることができた」(ブラッドリー)

 32歳の米国人であるブラッドリーは、2011年の全米プロゴルフ選手権を含むPGAツアー通算3勝を挙げている。最後に優勝したのは2012年のWGC-ブリヂストン招待だ。

「今はそろそろ優勝しないといけない。優勝争いに絡まないといけない時期に来ている。今週は勝てるチャンスがある」(ブラッドリー)

ケビン・ツエーが通算13アンダー単独首位 Photo by Vaughn Ridley/Getty Images

 PGAツアー初優勝を狙うツエーは、最終18番パー5をバーディで締めくくり、7アンダー65でプレー。通算13アンダー単独首位につけた。

 ツエーはフロントナインで4つのバーディを奪うと、バックナインに入っても順調にバーディを積み重ねた。

 10番パー4で4メートルのバーディパットを沈めると、14番パー4では6メートルを仕留め、15番パー5は2オン2パットでバーディを奪った。

 17番パー4の第2打をグリーン左手前のバンカーに打ち込み、第3打のバンカーショットをミスしてボギーを叩いたが、18番パー5でバーディを取り返した。

 ツエーの父親であるボブ・ツエーは、15年前にハミルトンで行われたこの大会で、プロ人生最後の優勝を果たしている。

「家にいるときも、ツアーに出ているときも、父とは毎日、話をしている。全ラウンドについて話している。父はまるでテレビを見ているように、ボクのショットについてコメントできるんだ。彼はボクのスイングを熟知していて、いつも見守ってくれている。ボクにとっては偉大な存在なんだ」(ツエー)

ニック・テイラーが地元カナダ勢最上位の通算9アンダー10位タイ Photo by Stacy Revere/Getty Images

 キム・ミンフィはこの日、7アンダー65でプレーし、首位と1打差の通算12アンダー2位タイでブラッドリーに並んだ。

 ジョンソン・ワグナー(7アンダー65)、アン・ビョンフン(5アンダー67)の2人が、首位と2打差の通算11アンダー4位タイで追っている。

 フェデックスカップ・ランキング1位のダスティン・ジョンソン(6アンダー66)、ザック・ブレア(5アンダー67)、ホアキン・ニーマン(5アンダー67)、アーロン・バデリー(6アンダー66)の4人が、首位と3打差の通算10アンダー6位タイにつけている。

 ニック・テイラーは5アンダー67でプレーし、首位と4打差の通算9アンダー10位タイ。地元カナダ勢としては最高の順位につけている。

「ティーショットの調子が非常によかった。ショートアイアンを多用することができたので、バーディをたくさん狙うことができたんだ。バックナインではいくつか取りこぼしもあったけど、全体としては多くのチャンスを生かすことができたと思う」(テイラー)

 初日終了時点で暫定首位に立ったロバート・ガリガスも、首位と4打差の通算9アンダー10位タイにつけている。ガリガスは初日に9アンダー63をマークしたが、この日はイーブンパー72だった。

 大会3連覇を目指すジョナサン・ベガスは2日目、2アンダー70でプレー。首位と8打差の通算5アンダー44位タイと出遅れている。

 セルヒオ・ガルシア、バッバ・ワトソン、ブルックス・ケプカは予選通過を逃した。


情報提供:PGA Tour

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  2. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」
  3. 日産会長逮捕 再建神話、地に落ち 社員に衝撃と動揺
  4. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
  5. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです