メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

埼玉コレがスゴい

「見沼たんぼ」(さいたま、川口市) 治水の要に「日本一の桜回廊」 高齢者雇用や少年の学びの場 /埼玉

社会問題解決の糸口も

 埼玉には「知る人ぞ知る」素晴らしい場所や人々、イベントなどが目白押しだが、全国的にはまだまだ知られていない。そんな「埼玉のコレがスゴい」に焦点を当てた企画、略して「埼玉コレスゴ」、始まります。

 見沼たんぼ。さいたま市と川口市の一部にまたがり、西の芝川と東の加田屋川に沿ってYの字形に広がる1260ヘクタール、東京ドーム約270個分もの大規模緑地が、東京から電車で30分足らずの政令指定都市に存在する。貴重な自然が都心のすぐ近くで楽しめるばかりでなく、雇用や高齢化対策、子どもの居場所作りなど、あらゆる問題の解決策を導き出すかもしれない場所だ。

 見沼たんぼが残された大きなきっかけは1958(昭和33)年の狩野川台風だった。元々付近は沼や湿地で…

この記事は有料記事です。

残り981文字(全文1313文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  3. WEB CARTOP 高速道路が渋滞していても一般道に降りないほうがいいワケ
  4. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  5. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです