メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

ラグビーW杯「釜石へ」(その1) 寡黙な勇士の突破力

釜石鵜住居復興スタジアムに立つ新日鉄釜石V7戦士の石山次郎さん。建設スタッフの一人として整備工事に関わった=岩手県釜石市で6月、喜屋武真之介撮影

 緑の芝生が生えそろった真新しいグラウンドが、初夏の日差しを浴びて輝く。

 2019年9月に開幕するラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の試合が行われる岩手県釜石市。6月末、会場の釜石鵜住居(うのすまい)復興スタジアムに社会人ラグビーの名門・新日鉄釜石(現釜石シーウェイブス)のV7戦士、石山次郎さん(61)がいた。作業服姿で、目深にかぶったヘルメットのつばを上げ、額の汗を拭う。

 昨年4月に着工したスタジアムはほぼ完成し、8月19日のこけら落としを待つばかり。「想(おも)いを一…

この記事は有料記事です。

残り504文字(全文745文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです