メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

ラグビーW杯「釜石へ」(その1) 寡黙な勇士の突破力

釜石鵜住居復興スタジアムに立つ新日鉄釜石V7戦士の石山次郎さん。建設スタッフの一人として整備工事に関わった=岩手県釜石市で6月、喜屋武真之介撮影

 緑の芝生が生えそろった真新しいグラウンドが、初夏の日差しを浴びて輝く。

 2019年9月に開幕するラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の試合が行われる岩手県釜石市。6月末、会場の釜石鵜住居(うのすまい)復興スタジアムに社会人ラグビーの名門・新日鉄釜石(現釜石シーウェイブス)のV7戦士、石山次郎さん(61)がいた。作業服姿で、目深にかぶったヘルメットのつばを上げ、額の汗を拭う。

 昨年4月に着工したスタジアムはほぼ完成し、8月19日のこけら落としを待つばかり。「想(おも)いを一…

この記事は有料記事です。

残り504文字(全文745文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. キングオブコント 11代目王者は「ハナコ」 2490組の頂点に
  3. レスリング 栄氏が至学館大を退職 
  4. 事故 青森の車4台衝突 搬送8人のうち3人死亡確認
  5. 訃報 国友やすゆきさん65歳=漫画家、「100億の男」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです