メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

この時期、NHKラジオ第1から「夏休み子ども科学電話相談」が流れると…

 この時期、NHKラジオ第1から「夏休み子ども科学電話相談」が流れると、感心したり、くすりと笑ったり、猛暑をよそに心持ちが和らぐ。夏休みの間、甲子園で全国高校野球大会が開かれる前後の時期、平日午前中に放送される▲先日驚いたのは、千葉県の小学3年生男児の質問だ。「重さってなんであるんですか」。答えは「見えないヒッグス粒子というのがあって、プールの中を歩く時の水のようにまとわりつき、物が動きづらくなるのが重さ」。5年前のノーベル物理学賞の解説レベルだった▲奈良県の小学2年生女児の質問は「無限の1個前は何ですか」。お母さんは「無限は無限やで」と答えたそうだ。回答は「数えられる無限と数えられない無限があります。数えられる無限が無数に集まった町をイメージして。その中は全部無限」。お母さんは正しかった▲アナウンサーが「分かったかな」と念押しした後の沈黙がおかしい。子どもたちの地方なまりも何だか懐かしい。電話口の向こうに赤ちゃんの泣き声が聞こえて、またほっとする▲子どものニュースは、いじめ、虐待、事故など暗い話が多い。でも、子どもの声をたくさん聞くと、活力を吹き込まれる。同時に、大人のようなそんたくをしない真っすぐな問いに、はっとさせられる▲「大人は、だれも、初めは子どもだった。しかし、そのことを忘れずにいる大人は、いくらもいない」(サンテグジュペリ「星の王子さま」)。この夏休みが、子どもの王国であってほしい。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
    2. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
    3. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
    4. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
    5. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです