メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

危険なゲーム

岐路のパキスタン外交/上 タリバンと決別困難 反米世論/新政権・軍、アフガン友好重視

マドラサ内を案内するアブドル・アジーズ師=イスラマバードで22日

 「(国際テロ組織アルカイダを率いた)ウサマ・ビンラディンはテロリストではなく殉教者だ。イスラムを守るためならば、市民が犠牲になってもやむを得ない」。イスラマバード中心部で、マドラサ(イスラム教宗教学校)を運営するアブドル・アジーズ師は静かに語り出した。

 閑静な地区の一角にあるマドラサでは、5歳から20歳過ぎまでの男女約5000人が寄宿生活を送りながら学ぶ。大半は地方出身の貧困層だ。敷地内では増築作業が進み、建設業者が慌ただしく資材を運んでいた。

 パキスタンは、アフガニスタン国境での過激派掃討で米国に協力すると同時に、米と敵対するアフガンの旧支…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿・歌舞伎町のビルで発砲 男性が死亡 容疑者は逃走
  2. 小室圭さん、母の元婚約者男性との「金銭問題は解決済み」と公表へ
  3. パワハラで課長を停職3カ月 被害の部下3カ月休職 埼玉・嵐山町
  4. 防衛省 にじみ出る不快感 レーダー照射問題
  5. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです