メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

ラグビーW杯「釜石へ」(その2止) 復興へスクラム

2019年ラグビーW杯の会場となる釜石鵜住居復興スタジアムのグラウンドを見つめる石山次郎さん。誘致に奔走しただけでなく「建設現場のど真ん中で働かせてもらいたかった」=岩手県釜石市で6月19日、喜屋武真之介撮影

 

 ◆W杯誘致 V7戦士の心意気

競技場建設、自ら汗

 見慣れた岩手県・釜石の街並みを、津波がのみ込んでいく。ただ言葉を失った。

 2011年3月11日、社会人ラグビー・新日鉄釜石(現釜石シーウェイブス、SW)のV7戦士、石山次郎さん(61)は静岡県藤枝市にある病院の待合室にいた。新日鉄グループのパイプライン会社に勤務し、藤枝市内の建設現場で監督をしていた。海沿いのコンビニエンスストアに車を止めて休憩中に強い揺れを感じ、高台の病院に避難した。待合室のテレビの前に人だかりがしている。隙間(すきま)からのぞき込むと、その画面に現実とは思えない光景が映っていた。昔の同僚は、なじみの店の人たちは、どうしているか。懐かしい顔が頭を駆け巡った。

 釜石OBの間で被災状況を伝えるメールが行き交ったが、情報は錯綜(さくそう)していた。「自分の目で確…

この記事は有料記事です。

残り4735文字(全文5103文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  5. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです