メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁・将棋スペシャル

囲碁 三星杯予選 柳九段が枠抜け 原二段、快進撃もあと一歩

予選を突破した柳時熏九段=後藤俊午九段提供

 <第23回三星火災杯世界囲碁マスターズ統合予選より>

 国際棋戦「第23回三星火災杯世界囲碁マスターズ」の統合予選が2~7日、ソウルの韓国棋院で打たれ、各国・地域から参加した総勢363人が本戦を目指して競った。一般、シニア(45歳以上)、女流、ワールド(日中韓台を除く選手)の4枠に分かれて行われ、35人が参加した日本はシニア枠で柳時熏九段(46)が勝ち上がり、唯一の本戦出場を果たした。9月から32人で競う本戦には、日本から柳のほか、シードの本因坊文裕(29)=井山裕太九段、芝野虎丸七段(18)の計3人が挑む。

 統合予選の模様について、シニア枠に参戦した後藤俊午九段に聞いた。

この記事は有料記事です。

残り1110文字(全文1400文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. なるほドリ 「あびき」って何? /長崎
  3. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  4. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)
  5. イチロー引退会見「野球への愛貫いた」一問一答(その2)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです