メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/353 第9章 33=高村薫 田中和枝・挿画監修

 午後、合田は長谷川管理官からの電話で上田亜沙子の聴取の結果を聞く。今日は予想以上に相手の体調が悪く、十分な聴取はできなかったらしいが、亜沙子は自分が栂野節子の手紙を見たのは二○○八年の三月だと繰り返すに留(とど)まった。もっとも亜沙子は、いずれかの時点で娘の犯行を疑うに至ったのではないかというのが、現時点での特命班の心象だ。

 何はともあれ、お疲れさまでした。どうぞよいお年を。スマホで年末の挨拶(あいさつ)をした後、合田は年…

この記事は有料記事です。

残り775文字(全文989文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 絶滅危惧種 シダ植物自生地ほぼ壊滅 公益財団法人が伐採
  2. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  3. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強
  4. 行方不明 水と木陰が命守った 2歳児発見の山中 急勾配に崖、大人も危険 山口
  5. 欧州ニュースアラカルト サマータイム EUは廃止の是非を検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです