メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飼料

コンニャク廃棄物から開発 豚、ブロイラーの体重増

コンニャク芋の廃棄物で作った飼料添加用の「飛粉」を手にする石橋さん=神奈川県相模原市で、高橋和夫撮影

元東京工科大学教授・石橋新一郎さん

 神奈川県相模原市緑区相原に住む元東京工科大学教授の石橋新一郎さん(83)が、コンニャク製造・販売の「下仁田物産」(海老名市、市川市郎社長)の協力で、コンニャク製造の廃棄物で作った超微粒子の「飛粉」を利用し、体重の増加効果がある飼料を開発した。飛粉を1%混ぜた飼料で育てた豚とブロイラーはともに、通常より短期間で出荷できる体重に達することが確認され、飼料代の節約が期待できるという。

 通称「イモ玉」と言われるコンニャク芋の球茎は、内側の約60%がコンニャクやシラタキなどの原料にされ…

この記事は有料記事です。

残り515文字(全文773文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  4. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  5. 老老介護 低所得ほど長時間 国立長寿医療研調査、情報不足や孤立の恐れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです