メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米世論調査

「ゲノム編集」72%容認 先天疾患治療なら

「頭を良くする」など赤ちゃんの能力増強に80%が反対

 米世論調査機関のピュー・リサーチ・センターは、先天的な病気を治療するために赤ちゃんに「ゲノム編集」の技術を使うことを容認できると考える人が、米国で72%に上ったとする意識調査結果を発表した。「頭を良くする」など赤ちゃんの能力増強に使うことは80%の人が反対した。世代を超えて影響が及ぶ恐れがある、人の受精卵への使用も65%が否定的だった。

 生命の設計図とされる遺伝情報を精度良く改変できるゲノム編集技術だが、人への応用はまだ研究段階で、安…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文501文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強
  2. 欧州ニュースアラカルト サマータイム EUは廃止の是非を検討
  3. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  4. 2歳児保護 見つけた尾畠さん「ぼく、ここ」うれしかった
  5. 東大名誉教授 同性愛公表のキャンベルさん その動機は

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです