メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風12号

九州南部停滞 通過の被災地は猛暑

台風12号の予想進路(30日9時現在)

 日本列島を東から西に横断した台風12号は30日未明、九州の西の海上に抜け、その後南に進んだ。31日にかけて屋久島周辺の海上に停滞する見込みで、気象庁は九州南部や四国を中心に非常に激しい雨が降る恐れがあるとして、土砂災害への警戒を呼びかけている。

     台風12号は30日午前9時現在、屋久島の西北西約80キロの海上を時速20キロで南に進んでいる。中心の気圧は994ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル。海水温の高い領域を進むため、再び発達しながら8月1日には西へ遠ざかると予想される。

     31日午前6時までの24時間予想雨量は、多いところで四国250ミリ、九州北部、九州南部200ミリ、奄美120ミリ、東海100ミリ。

     菅義偉官房長官は30日午前の記者会見で台風12号による負傷者は8都府県で23人と明らかにした。

     一方、台風の通過した西日本各地では、最高気温が福井市で37度、大津市35度、大阪市35度と見込まれるなど、気温の下がった前日から一転、酷暑となる見込み。【岡崎英遠】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. 高校野球 誤審で甲子園行き明暗…終了一転逆転 岡山大会
    3. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
    4. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    5. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです