メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

iPS細胞

パーキンソン病患者の脳に移植 京大、来月1日から治験

iPS細胞を使ったパーキンソン病治療

 京都大は30日、ヒトのiPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った神経細胞を神経難病のパーキンソン病の患者の脳に移植する医師主導の臨床試験(治験)を8月1日から始めることを明らかにした。京大iPS細胞研究所の高橋淳教授(神経再生学)らのチームが30日午後、記者会見して計画の詳細を発表する。パーキンソン病でiPS細胞を使った治験は世界初で、患者数人を近く募集して治験を始める。

 治験では、京大が作製・備蓄している他人由来のiPS細胞から作った神経前駆細胞を、患者の左右の脳に計…

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文499文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生
  5. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです