メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウラから目線

レモネード経済学=福本容子

 アメリカの子どもたちの夏休みは長い。ふつう3カ月近くある。この間、彼らはいろいろな体験をし、失敗もし、成長する。

 起業はその一つだ。起業のイロハに触れる、がより正確かも。早い子は就学前から自分でお金を稼いでみて、市場の原理を学習する。

 その代表がレモネード売りだ。自宅の前庭などに露店をこしらえ、1杯50円くらいで通行人などに売る。味、温度、天気、アピールの仕方、そして価格が売り上げにどう影響するかなど肌で学ぶ。

 ところが、この子どもによるレモネード売りの可否が全米で大論争になった。行政の許可なく営利活動をした…

この記事は有料記事です。

残り669文字(全文927文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 支局長からの手紙 お世話になりました /愛媛
  2. ORICON NEWS 是枝裕和監督、樹木希林さんの思い出ある映画祭で涙のスピーチ
  3. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. あの人に会った 関西ジャニーズJr. 西畑大吾さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです