メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

「別の保守」への道=山田孝男

 秋の自民党総裁選は、3選をうかがう安倍晋三の独走、石破茂が粘り、岸田文雄は離脱、野田聖子苦戦中--という展開。

 このレースの歴史的な意味は、挑戦者がそれぞれ派閥の伝統を背負い、<保守政治のバランス>を探っているところにある。

     ◇

 1990年代の政界再編をリードした理論家で、連立政権の閣僚だった田中秀征(しゅうせい)(77)=福山大客員教授=によれば、政治家は所属グループの「源流からの思想」に縛られる。

 政治家は「どこへ向かうか」と同時に、「どこから来たか」を厳しく問われるものだから--。

この記事は有料記事です。

残り1063文字(全文1314文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  4. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  5. 横審、白鵬の三本締めに違和感 「一力士としてやれる立場か」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです