メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風知草

「別の保守」への道=山田孝男

 秋の自民党総裁選は、3選をうかがう安倍晋三の独走、石破茂が粘り、岸田文雄は離脱、野田聖子苦戦中--という展開。

 このレースの歴史的な意味は、挑戦者がそれぞれ派閥の伝統を背負い、<保守政治のバランス>を探っているところにある。

     ◇

 1990年代の政界再編をリードした理論家で、連立政権の閣僚だった田中秀征(しゅうせい)(77)=福山大客員教授=によれば、政治家は所属グループの「源流からの思想」に縛られる。

 政治家は「どこへ向かうか」と同時に、「どこから来たか」を厳しく問われるものだから--。

この記事は有料記事です。

残り1063文字(全文1314文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜光雲 ロケットのガスで発生か 白や赤に輝く羽衣のよう
  2. はやぶさ2 探査ロボ、リュウグウ着陸 表面跳びはね撮影
  3. 滋賀 イナズマロックフェス開幕 西川貴教さん熱唱
  4. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです