メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

危険なゲーム

岐路のパキスタン外交/中 印パ関係、水差すテロ 改善反対の軍部が暗躍?

記念碑の前でムハマド・サルワール氏の功績について語る孫のアディールさん=2018年7月27日、松井聡撮影

 イスラマバード郊外に第1次印パ戦争(1947~49年)で戦死した陸軍大尉、ムハマド・サルワール氏(10~48年)をたたえた白大理石造りの立派な記念碑がある。両国が領有を争うカシミール地方で、6人の部隊を率いて敵陣に果敢に攻め入った「英雄」だ。

 70回目の命日に当たる今月27日、記念碑を訪れると、多くの市民が集まり神妙な面持ちで冥福を祈っていた。この日だけで500人が訪れたという。サルワール氏の孫で陸軍少佐のアディールさん(38)はこう語る。「祖父は私だけではなく、パキスタン人全員の誇りだ。祖父の遺志を継ぎ、パキスタンはカシミールをインドから解放するため全力を尽くさなくてはいけない」

 カシミール地方は印パ両国が、47年の分離独立直後から領有を巡って3度の戦火を交えてきた対立の「核心…

この記事は有料記事です。

残り954文字(全文1299文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  3. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 衆院内閣委 片山さつき氏、看板の条例違反認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです