メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー・最前線

伊藤忠商事・鈴木善久社長COO

伊藤忠商事・鈴木善久社長COO=東京都港区で2018年7月9日、玉城達郎撮影

「次世代商人」に進化

 創業160年を迎えた伊藤忠商事は食品など非資源事業が堅調で2018年3月期で最終(当期)利益が初めて4000億円を突破した。21年3月期までの新中期経営計画ではIT(情報技術)や電気自動車(EV)など新技術を活用した次世代ビジネスモデルの構築を掲げる。4月に就任した鈴木善久社長COO(最高執行責任者)に狙いなどを聞いた。【聞き手・今村茜、写真・玉城達郎】

 --新中期経営計画では、どんな姿を目指しますか。

この記事は有料記事です。

残り1025文字(全文1239文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. 天然記念物のジュゴン1頭の死骸発見 沖縄
  3. アポ電強盗殺人 3容疑者、愛知や兵庫の特殊詐欺に関与か
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. 羽生、動きにキレ 「やりたかったことすべて達成」 世界フィギュア・公式練習

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです