メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

ギリシア詩の神よ=酒井佐忠

 「私と詩との出会いは、古代ギリシアとの出会いだった」と語る高橋睦郎が、「いま生涯のテーマと取り組んでいる」ともらしていた詩集がついに完成した。『つい昨日のこと 私のギリシア』(思潮社)だ。ギリシアの抒情詩に出会った中学生の日、そして初めてアテネを散策した31歳の夏。古代ギリシアの「詩の神」に魅せられた時間が「つい昨日のこと」のように思われる。151篇の詩篇がまとまったのは昨年暮、80歳の誕生日だった。

 <私はギリシアに攫(さら)われたと呟(つぶや)く/ギリシアはそんな覚えはないと言う/私だけではない…

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文590文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 高校ラグビー 大阪第3地区は常翔学園に
  5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです