メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

CD

歌に咲いた希望 難病の16歳が作詞 仲間、笑顔、歩いてゆこう

完成したCDを手にする大枝未和さん=茨城県つくば市で、吉田卓矢撮影

 永い道のり 力合わせて たくさんの友と歌おう--。指定難病「再生不良性貧血」で骨髄移植を待つ茨城県つくば市の大枝未和さん(16)が、絶望のどん底からはい上がり、仲間と分かち合ってきた苦悩や感謝を表した「希望の花咲く場所」を作詞した。「難病の人を励ましたい、たくさんの人に難病のことを知ってほしい」。曲がついてCDとなった作品に込めた未和さんの願いだ。【吉田卓矢】

 生後すぐに肺動脈閉鎖症で心臓の手術を受けた未和さんは、定期的に通院する以外、他の子どもと同じように…

この記事は有料記事です。

残り824文字(全文1056文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. プロ野球 ドラフト情報 吉田「野球が仕事に」
  3. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  4. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  5. 競売 ヒトラーの写真130万円落札 ユダヤ系少女と笑顔

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです