メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

相馬野馬追

49年ぶり浪江で出場 馬でかつての家路へ

標葉郷神旗争奪戦で神旗を手にする豊田正さん=福島県浪江町の中央公園で2018年7月29日、高橋隆輔撮影

 国の重要無形民俗文化財に指定される伝統行事「相馬野馬追(のまおい)」で、獣医師の豊田正さん(67)は、東日本大震災以前は裏方に徹してきた。福島県浪江町で野馬追に出場するのは高校生の時以来49年ぶりだ。「人生全てが野馬追」と話す豊田さんは、標葉郷の神旗争奪戦で高校生に戻ったように、がむしゃらに馬を操っていた。

 豊田さんは馬車引きだった父の影響を受け、幼少期から野馬追に出ていた。高校は馬術部があることを理由に…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文516文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  2. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  3. 質問なるほドリ NHK受信料、支払いは義務? テレビ設置日から 最高裁が初判断=回答・伊藤直孝
  4. NHK受信料 憲法判断 契約成立時期なども あす最高裁判決
  5. 金足農 寄付2億7000万円に 文化祭は一般公開中止に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです