メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

被災地、片付け作業を再開 台風12号通過で

台風通過から一夜明けて、片付けを再開したボランティアたち=岡山県倉敷市真備町地区で2018年7月30日午前9時58分、幾島健太郎撮影

 台風12号が通過した西日本豪雨の被災地では30日午前、住民らが片付け作業を再開させた。台風による大きな被害はなかったが、作業を中断したり、ボランティアが来られなくなったりと、さまざまな影響が出ており、疲れた表情を見せる人もいた。

 広島県呉市天応西条の会社員、石田栄一さん(39)は6日の豪雨により自宅の周囲に押し寄せた土砂の撤去作業を台風で中断。28日には同僚や友人の協力で自宅の周囲に土砂が流れ込まないよう300個近い土のうを積んだ。「効果はあったが、自分たちだけで土のうを片付けるのは大変」と汗をぬぐった。

 台風による2次災害を防ぐため、岡山県の倉敷市災害ボランティアセンターは28~30日のボランティア受…

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文641文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今日から俺は!! “敵役”に城田優、中村倫也、須賀健太ら メインゲスト11人を一挙発表 
  2. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです