メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

被災地、片付け作業を再開 台風12号通過で

台風通過から一夜明けて、片付けを再開したボランティアたち=岡山県倉敷市真備町地区で2018年7月30日午前9時58分、幾島健太郎撮影

 台風12号が通過した西日本豪雨の被災地では30日午前、住民らが片付け作業を再開させた。台風による大きな被害はなかったが、作業を中断したり、ボランティアが来られなくなったりと、さまざまな影響が出ており、疲れた表情を見せる人もいた。

 広島県呉市天応西条の会社員、石田栄一さん(39)は6日の豪雨により自宅の周囲に押し寄せた土砂の撤去作業を台風で中断。28日には同僚や友人の協力で自宅の周囲に土砂が流れ込まないよう300個近い土のうを積んだ。「効果はあったが、自分たちだけで土のうを片付けるのは大変」と汗をぬぐった。

 台風による2次災害を防ぐため、岡山県の倉敷市災害ボランティアセンターは28~30日のボランティア受…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 誤って高圧幹線を切断 大阪・高槻で病院など停電
  2. 特集ワイド 「アベ政治ノー」訴え続ける 木内みどりさん 「言うべきこと」萎縮無用
  3. 韓国国防省「日本が近接飛行」 東シナ海暗礁付近
  4. 飛び交う「ええかげんにせえや」 大阪都構想の法定協が大混乱
  5. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです