メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

「困った時はお互い様」恩返しのボランティア

西日本豪雨で被災した民家から土砂をかき出す作業をする塔岡直樹さん(左から3人目)一家。左端は妻の薫さん、左から2人目は長女の恵さん、右端は長男の拓海さん=広島市安佐北区で2018年7月27日午後3時39分、西本勝撮影

14年8月の広島土砂災害の被災一家 週末ごとに通う

 「助けてもらった恩返しをせんといけん」。77人が死亡した2014年8月の広島土砂災害で被災した広島市安佐北区の自営業、塔岡(とうのおか)直樹さん(44)一家が、西日本豪雨の被災地でボランティアを続けている。4年前、土砂が積もった自宅周辺に駆け付け、復旧を手助けしてくれたボランティアが今年の西日本豪雨で被災。「困った時はお互い様。力になりたい」と週末ごとに通い、土砂のかき出しに汗を流している。

 「土のうにあんまり土を入れたら持てんくなるぞ」。今月27日、床上浸水した安佐北区の知人宅で、塔岡さ…

この記事は有料記事です。

残り704文字(全文977文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今日から俺は!! “敵役”に城田優、中村倫也、須賀健太ら メインゲスト11人を一挙発表 
  2. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです