メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

CD

苦悩や感謝込め、難病の16歳少女が作詞

 永(なが)い道のり 力合わせて たくさんの友と歌おう--。指定難病「再生不良性貧血」で骨髄移植を待つ茨城県つくば市の大枝未和さん(16)が、絶望のどん底からはい上がり、仲間と分かち合ってきた苦悩や感謝を表した「希望の花咲く場所」を作詞した。「難病の人を励ましたい、たくさんの人に難病のことを知ってほしい」。曲がついてCDとなった作品に込めた未和さんの願いだ。【吉田卓矢】

 生後すぐに肺動脈閉鎖症で心臓の手術を受けた未和さんは、定期的に通院する以外、他の子どもと同じように…

この記事は有料記事です。

残り1384文字(全文1620文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. セクハラ防止 内閣府ポスター不評 深刻さ伝わる?
  3. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  4. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  5. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです