メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル文学賞

ディラン 受賞後初の日本公演、フジロックで16曲(スポニチ)

 16年のノーベル文学賞を受賞した米シンガー・ソングライター、ボブ・ディラン(77)が29日、新潟県湯沢町で行われた野外音楽イベント「フジロックフェスティバル」に出演。同賞受賞後、来日公演するのは初めて。

     ディランは社会と時代を映す歌詞で、「新たな詩的表現を創造した」として、歌手で初めてノーベル文学賞を受賞した。この日は舞台上に米アカデミー賞のトロフィー「オスカー像」が飾られ、01年に同賞の主題歌賞を受賞した「シングス・ハヴ・チェンジド」のピアノ弾き語りでスタート。歌以外は一切話さず、60年代の名曲「悲しきベイブ」「追憶のハイウェイ61」など計16曲を披露。最後に代表曲「風に吹かれて」をバイオリンを交えて歌うと歓声が上がった。29日は約3万8000人が来場。複数のステージが設けられ、多数のミュージシャンが参加したが、ディランの出演時間は他のステージで演奏しない異例の対応が取られた。

     来日公演は78年に始まり今回は2年ぶり101回目。(スポニチ)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS 安室奈美恵さん、引退決断した理由語る 7年前に声帯壊し「限界なのかな」と不安も
    2. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
    3. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
    4. 年賀はがき 当選番号決定
    5. ORICON NEWS 松本人志、HKT指原への「体を使って」発言を弁明 カットしなかったのは「鬼のようにスベったから」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです