メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米大統領

イラン大統領と会談応じる意向

 【ワシントン工藤哲】トランプ米大統領は30日、イランのロウハニ大統領と首脳会談に応じる考えを表明した。「誰とでも前提条件なしで会う。(イラン側に)準備があるのかは知らないが、彼らが望めば私はいつでも会う用意がある」と述べた。イタリアのコンテ首相とワシントンで共同記者会見した際に述べた。

     米国は5月にイランと欧米など6カ国が2015年に結んだ核合意からの離脱を一方的に宣言。8月6日にイランとの自動車などの取引を禁じる1次制裁措置を発動し、11月に原油禁輸や金融取引禁止に広げた2次制裁措置を科す見通しだ。イランは強く反発しており、対立が先鋭化している。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. 高校野球 誤審で甲子園行き明暗…終了一転逆転 岡山大会
    3. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
    4. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    5. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです